DNAの折り畳み - 吉川研一

DNAの折り畳み 吉川研一

Add: akyxy56 - Date: 2020-12-17 19:32:16 - Views: 3493 - Clicks: 5950

吉川 研一 名大・人情の論文や著者との関連性. 1998 "長鎖DNAの折り畳み転移 -蛍光顕微鏡による形態観察-" 吉川 祐子, 吉川 研一著, 応用物理, 67(10), 1183–detail. 吉川研一(京都大学 大学院理学研究科) dna凝縮と折り畳み転移 100kbpを超える長鎖dnaは次のような特質を有する。1) 長鎖dnaは,数万倍程度の密度変化を伴う,著しく不連続な転移現象を示す。. 2a-yb-7 多価カチオン誘起型dna単分子の折り畳み転移の温度依存性. dna分子鎖の高次構造の相転移現象に関する研究.

2 請求記号: ra111-h276 書誌id:. ‪Doshisha University‬ - ‪引用: 145 件‬ - ‪Life Physics‬ - ‪Nonlinear Science‬. 長鎖deoxyribonucleic acid (DNA) 分子は, カチオン性物質や中性高分子の存在下において凝縮構造を形成する. 1998 "長鎖DNAの折り畳み転移 -蛍光顕微鏡による形態観察-" 吉川 裕子, 吉川 研一著, 応用物理, 67(10), 1183–detail. 書誌情報 責任表示: 吉川研一 監修 出版者: アイピーシー 出版年月日:. 吉川研一 名誉教授(高等研究院特任教授)、瀧口金吾 名古屋大学講師、作田浩輝 同志社大学特任助教、藤田ふみか 同修士課程学生、濵田勉 北陸先端科学技術大学院大学准教授、林真人 法政大学教務助手、湊元幹太 三重. dnaの折り畳み : その物理化学と生物・医学への展開.

吉川研一 分担執筆 "ミクロの世界の謎を解く-遊び心による学問の融合" pp. 大阪大学出版会 阪大フロンティア研究機構編 (). "DNAの折り畳み". 微鏡で見出した。1 DNA の折り畳み転移に伴う、nanoparticle との複合体について、電 子顕微鏡での測定を進めた。興味深いことにDNA は20-30nm 程度のループを形成している ことが分かった。このことは、負に荷電したnanoparticle の混雑環境では、DNA 分子に歪. 吉川研一 高分子年4月. 哺乳動物細胞由来長鎖DNAの all-or-none折り畳み転移19 (研究メンバー:吉川祐子ら、名古屋大学医学部病態制御研究施設 神戸俊夫講師との共 同研究/研究サブグループ:A) 水溶液中でDNA分子は、ポリアミンをはじめとする種々の凝縮剤を作用させると、ラン. dna の高次構造を形成 するタンパク質がある。 私たちは、塩基配列非 特異的にdna と結合 するhmgb1 と塩基配 列特異的に結合する転 写調節タンパク質 stpr がどちらも長鎖 dna の分子鎖内折り 畳みを誘起することを 見出した。しかしdna 折り畳みの連続性や共. 鶴山らは、これまで吉川らとすすめてきたインテグレーション研究14 の総括を行い、そのホットスポットがdna上の回文配列内に周期的に分布していることを、 市川らとの議論を通じて明らかにしてきたが、mlv dnaの被感染細胞dnaへの衝突が確率過. 「ゲノムサイズのdnaの示す特異な性質:折り畳み転移」 背景 ヒトの細胞核には48本のdnaが存在し、各々のdna鎖は数cm、その全てをつなぎ合わせると全長は2mに及ぶ。.

DNAの折り畳み - 吉川研一 DNAの折り畳み : その物理化学と生物・医学への展開 フォーマット: 図書 責任表示: 吉川, 研一(1948-) 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アイピーシー,. DNAの折り畳み : その物理化学と生物・医学への展開: 著作者等: 吉川 研一: 書名ヨミ: DNA ノ オリタタミ : ソノ ブツリ カガク ト セイブツ イガク エノ テンカイ: 書名別名: DNA no oritatami: 出版元: アイピーシー: 刊行年月:. 2 形態: v, 182p. 吉川 研一 (京都大学大学院理学研究科 教授) 「自己生成するナノ秩序体:高次構造制御と機能発現」 1.研究実施の概要 様々な生体分子からなる生体内では生体高分子の高次構造と機能性が密接に結びつきあいつ. 吉川 研一 Jst・icorp時空間秩序プロジェクト:京大・理の論文や著者との関連性. キーワード 分子鎖の折り畳み コイル-グロビュール転移 dna折り畳み転移 高分子高次構造 高次構造制御 1件の共同研究課題 単一分子鎖の折り畳みによるナノ秩序構造の自己創出. Repulsive/attractive interaction among compact DNA molecules as judged through laser trapping:.

吉川研一 ほか著. (2) dnaの折り畳み転移:秩序構造の自己生成と荷電効果. 長谷川よし乃, 田中智子, 鷹取慧, 貞包浩一朗, 剣持貴弘, 吉川研一 日本物理学会講演概要集(CD-ROM) 74(1) ROMBUNNO. 吉川 研一 工学博士、化学物理・生命物理大学院理学研究科: 研究成果: ソフトマターや生物関連の非線形現象を中心に、時空間の自己組織化についての研究を系統的に進めてきており、世界的に見て先導的な成果がえられてきている。.

Affiliation (Current):同志社大学,研究開発推進機構,客員教授(嘱託研究員), Research Field:Science and Engineering,物性一般(含基礎論),Biological Sciences,Mathematical physics/Fundamental condensed matter physics,物理化学一般, Keywords:非線形,コイル-グロビュール転移,蛍光顕微鏡,長鎖DNA,DNA,非平衡,非平衡開放系,引き込み同調. "dna折り畳み転移は転写調節のしくみなのか? " 武仲 能子, 吉川 研一 著, Bionics (オーム社), 10, 64–detail publisher. エタノールは高濃度になるとDNAを再溶解させる 研究者氏名 よしかわけんいち 吉川研一 所属機関 同志社大学 生命医科学部 関連キーワード(複数可) ゲノムDNA, DNA折り畳み転移、DNA遺伝子活性制御 主な研究テーマ ・ゲノムDNAの高次構造と遺伝子活性のon/off. 吉川 研一 名古屋大学, 大学院・人間情報学研究科, 教授キーワード: dna / 蛍光顕微鏡 / 一次相転移 / コイル-グロビュール転移 / 高次構造制御 / 自己秩序形成 / ナノ構造体 / 分子内相分離: 研究概要.

2: ページ数: 4, 182p: 大きさ: 27cm: ISBN. これにより、2-propanol水溶液中でglobuleへと転移したDNAは、coilへと再帰転移をしないため、DNAをより効率よく沈殿させることができると結論できる。国際誌Polymersに出版された。馬博士(博士研究員)が第一著者、東大の小穴准教授との共同研究。. これまでに, 分光法や光散乱法により, これらの物質をある濃度以上加えることにより, DNA分子の形態が急激に変化することは知られていた. "ひもの折り畳みー荷造り紐とDNA" 吉川研一, 応用数学月報, 岩波書店, 14,. 吉川 研一 工学博士、化学物理・生命物理大学院理学研究科: 研究成果: ソフトマターや生物関連の非線形現象を中心に、時空間の自己組織化についての研究を系統的に進めてきており、世界的に見て先導的な成果がえられてきている。 ; 27cm 著者名: 吉川, 研一(1948-) 書誌ID: BAISBN:. 生命医科学部 剣持貴弘教授、吉川研一教授らの論文が国際誌The Journal of Chemical PhysicsのFEATURED ARTICLEに選ばれ、論文中の「ゲノムDNAの一分子揺らぎ」が論文誌の表紙を飾りました。.

研究者「吉川 研一」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 吉川研一『DNAの折り畳み―その物理化学と生物・医学への展開』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 文献「dnaの折り畳み転移と遺伝子活性」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 同志社大学 付置研究所 教授(年度) 推定関連キーワード:Photoirradiation,自己秩序形成,自律的システム,時空間秩序,非平衡開放系 推定分野:化学,物理学.

戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 吉川 研一(京都大学大学院理学研究科)/科学技術振興事業団; 研究報告資料: 湊元 幹太,吉川 研一. 吉川研一, 化学, リレー連載:化学はどこまで生命に近づけるか, 50巻, 12号 (1995). 関連する報告書 1996 実績報告書. 所属 (現在):同志社大学,研究開発推進機構,客員教授(嘱託研究員), 研究分野:理工系,物性一般(含基礎論),生物系,数理物理・物性基礎,物理化学一般, キーワード:非線形,コイル-グロビュール転移,蛍光顕微鏡,長鎖dna,dna,非平衡,非平衡開放系,引き込み同調,一次相転移,非線形ダイナミクス, 研究. 文献書誌 吉川 研一 他: "Intrachain Segregation in Single Giant DNA Molecules Induced by Poly(2-vinylpyrrolidone)" J.

DNAの折り畳み - 吉川研一

email: aryxika@gmail.com - phone:(884) 878-4950 x 5562

マーラー歌曲集 - 小池孝志 - 佐々木豊文 一歩先を行く

-> 適性検査対策 昭和63年 - 公務員試験研究会
-> 弘学館高等学校 入学試験問題集 平成23年

DNAの折り畳み - 吉川研一 - 長良川河口堰 長良川河口ぜきに反対する市民の会


Sitemap 1

山桜 - 阿賀猥 - 荒木秀明 天野まあさ写真集 天気良好